コーポレートコーチ実用的実践講座

〜過去の実施記録〜

コーポレートコーチ実用的実践講座の過去開催記録を掲載していきます。

過去のProgramと実施風景


第一弾 コーチングの脳科学(2017年3月11日開催済み)

第一回の概要

脳画像解析、生化学、遺伝子解析などから、心理や行動に影響を及ぼす脳科学的基盤がだいぶわかってきました。コーチングの背景にある脳科学的な基盤を理解することで、コーチングの在り方が変わり、コーチ自身やクライアントにとっても納得感が高まります。今、医療の世界は、個人の遺伝子情報や特質にあわせたテーラーメイド医療(個別化医療)へと向かっています。コーチングもその人の脳科学的特質や状況に合わせたコーチングがより効果的と思われます。

今回の講座では、クライアントの願望達成のためのコーチングを脳科学的な視点から体験学習を踏まえて学んでいきます。これにより、コーチングの脳科学的な基盤を理解していくことができます。また、今・ここでの気づきを促すマインドフルネス瞑想の脳科学と実践も行いました。

講師

駒野宏人
岩手医科大学薬学部・神経科学講座教授 薬学博士
国際コーチ連盟認定コーチ(ACC)
米国CTI認定コーアクティブコーチ(CPCC)
ヘルスコーチジャパン認定コーチ
一般社団法人 日本ポジティブ心理学協会 理事

大学院の頃よりヨガを始め、ヨガ療法士資格を取得。NPO法人日本YOGA連盟に所属し、ヨガ・瞑想指導の活動も行っている。東京大学薬学部卒業後、同大学助手、米国スタンフォード大学・ミシガン大学医学部研究員、国立長寿医療研究センター室長を経て, 2007年4月より現職

当日のプログラム内容

  1. 1,はじめに(CW社代表:稲葉)
  2. 2,脳内にある快・不快回路について
       −快・不快回路
       −心に影響を及ぼす神経伝達物質・ホルモン
       −人間の脳の三層構造
       −心、身体、絆の関係
  3. 3,黙祷
  4. 4,願望達成の脳科学
  5. 5,瞑想脳について
  6. 6,懇親会

主催者感想

      
3/11(土)、満員御礼の中、コーポレートコーチ実用的実践講座の第一弾を開催いたしました。テーマは、コーチングと脳科学についてということで、駒野教授から、コーチングという行為の効果・重要性について、人間の進化、発達の観点を交えつつ、説明いただくような時間となりました。

快感情の進化的効能についてのワークを実施したり、瞑想脳の重要性と脳内物質の変化など医学的な見地からのコーチングの効能についてまで充実した4時間でした。コーチングにおけるクライアントの変化は、時に目に見えにくく、即座に形になりにくい場合もありますが、身体的にはコーチング的な関わりが、なんらかの効能が生じているという確信を強めた次第です。

また開催が、東日本大震災の発生日ということもあり、14:46には参加者全員で1分間の黙祷も行い、学び的にも意識的にも引き締まった第一弾の開催となりました。次回は、コーチングと意識の関わりについての成人以降の発達理論について、立石慎也コーチをお呼びして講義いただきます。どうぞご期待ください。

記載:運営 越智
      

開催風景